海好き・イルカ好き・猫好き・手芸好きの日記です。ドルフィンズポッドとは数頭のイルカのグループのこと。イルカと泳いだ時みたいに、PEACE&POWERFULになれる話を書いていきます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セラピストとして、どうクライアントと接するかというテクニック的なものよりも
どんなクライアントに対しても自分を保っていられるだけの度胸持てるか自己研鑽してかないかんなぁと思う今日この頃。

でもやっぱり、普通のお客様でないと怖い。
ヤの付く自由業の方々とか、明らかに病んでる系の人相手だと、いつキレてエキサイトされるかハラハラドキドキ。
いやむしろ、怒って帰ってくんないかなぁと思うのが本音で(苦笑)
もっと違うところでハラハラドキドキしたいものです。

ジットリしたお客様、リスカや根性焼きの跡が凄まじいお客様、気持ち悪い系の人も沢山いらっしゃいますが、
きわめて明るく接して同調しないようにしています。
あんまりヘンテコでセクハラまがいの殿方には、
明るく「力入っちゃってますねー」とか「あらやだ、どうなさったんですかー!おズボンまで脱がなくていいんですよー」とか^^
多分こういう人たちは、大きな声、明るい光を嫌う傾向にあるので、
接待する場所を、入口に近い、明るい場所にお通しすることも対策かな、と。

本当は、もう少しターゲットを絞ったクローズドなサロンがいい。
現状あまりにオープン過ぎるんで。ショッピングモールん中じゃ仕方ないか。
勤め人のジレンマですわな。



担当したお客様によっては、お帰りになった後のブース内の空気が臭ったり澱んだりしているのを感じます。
頭痛や目眩や吐き気の反応が出ます。
敏感なスタッフは、トイレに駆け込んで吐いちゃったコも。
んで、
お世話になってた整体師さんとロミロミセラピストさん夫婦に教えていただいたのが、オーラソーマの製品。



このエッセンス12滴をスプレーボトルの精製水100mlに混ぜて、ブース内や自分自身の周りにスプレーします。
スッキリ系の香りで(ややクスリっぽいかな、でも好き)、
場の浄化と気分の仕切り直しが出来て、変に何か引きずったモノを持たずに次のお客様に入ることができます。
スポンサーサイト

【2012/05/25 13:45】 | 日記
トラックバック(0) |
ご訪問ありがとうございます♪


映画『テルマエ・ロマエ』観たいなぁ。



古代ローマ人の沐浴と関係している精油のお話を。
言葉としてはもともとラテン語の「ラワーレ」(洗う)という意味から由来してるっていう。



精油名 ラベンダー
学名 Lavandula angustifolia
科名 シソ科
原産国 地中海沿岸
採油方法と部位 水蒸気蒸留法 葉と花
香調 トップノート~ミドルノート
成分 酢酸リナリル、リナロール、ラバンジュロール

身体に対しては、高血圧の人の心拍を抑え、血圧を降下させリラックスさせるといわれる。
おクスリの降圧剤のように血圧が下がり過ぎるというkとはないって。
でも低血圧の人が使用すると眠くなる。

不眠症にもよい。
震えや苛立ち、ヒステリーなど躁鬱的な症状にもよいと。

鎮痛作用もあるので、キャリアオイルで希釈して、
神経痛やリウマチ痛や筋肉痛に対するトリートメントもよい。
偏頭痛の際、局所的に用いると穏やかな鎮痛剤として使える。

抗炎症作用としては、カモミールほどではないにしろ、
火傷、皮膚炎、湿疹、創傷、潰瘍、結膜炎、膀胱炎、下痢、咽頭痛にも。
虫刺されにも。

20世紀前半に活躍したフランスの科学者ルネ・モーリス・ガットフォセが、
実験中の事故で火傷を負い、とっさに目の前にあったラベンダー精油を患部につけたところ
みるみる回復したというエピソード。
日ごろから、身近に精油があったんだと思わせられる。


芳香性のあるリナロール、酢酸リナリルにより、デオドラント作用もある。

妊婦さんは注意。
ラベンダーには、通経作用があるので、妊娠初期には利用しない方がよいとされる。
但し、出産期には、子宮の収縮と分娩を早める、空気散布することによって、周囲の消毒をかねて妊婦さんのリラックスを促すとされる。
もっとも、ラベンダーの匂いがキライな人は使わなくても。




個人的に、最も消費している精油。
メーカーや産地によって、スキッとしていたりフルーティだったり。
それもアロマテラピーの楽しみでもある。

映画『テルマエ・ロマエ』の中で精油は登場するのかなぁ。





【2012/04/25 12:38】 | Beauty&Health
トラックバック(0) |

承認待ちコメント
-


承認待ちコメント
-


コメントを閉じる▲
ご訪問ありがとうございます♪




アロマテラピーのスクールを卒業してすぐにリラクゼーションサロンからのご縁を頂き働いている。
医療機関ではないので、
基礎疾患をお持ちの方に対しては厳しめのサロンである。
一応お医者様の許可を頂いた上でお受けしている。
そういうお客様に限って、お断りするのに一苦労。
お客様の健康を最優先したカタチが結果、お客様を怒らせてしまうことも。
伝え方に非常に神経使わないといけない。


でも時々
判断基準がグレーで、断る材料が不十分の場合、
ゴリ押しでいらっしゃる方も。


二人組の女性のお客様が来店された。
前々から予約を入れて下さって、楽しみにしてこられた様子だ。
そのうちの一人が、とある自己免疫疾患であると自己申告してきた。
我々スタッフもプロではあるが医療従事者ではないので
そのような患者様の身体に対して全員が深い知識を持っている訳ではない。
若いスタッフがお断りしようとしたが、そのお客様は激しく反論してきた。

その言葉がこうだ。

「じゃ、〇〇病じゃありませんっ。それで申告すれば大丈夫でしょ?」

やれやれ。

一度聞いちゃった以上、はいそうですかという訳にはいかないじゃないか。


若いスタッフが困り果て、年長者の私がしゃしゃり出た。
個人的にも興味があったから。その自己免疫疾患の患者様の身体というものに。


よくよく彼女の話を聞いてみると、
年明けてから、ひと月位高熱が続いて医者に行ったところ、
その自己免疫疾患の疑いかも...という話を受けたと。
ハッキリとした断定ではない、と。
その他にも、冷え症、浮腫み、便秘の痛みで救急車を呼んだこと、
出るわ出るわ、不調の話のオンパレード。


いわゆる『病得』というやつか。
このコは『私ビョーキなの』とアピールすることで得をしたいのだと。
だって、周りも優しくしてくれるし、仕事や家事もサボれるし。
誰しも子供の頃に仮病使った事あるでしょう。
お腹が痛いと言えば、親が振り向いてくれる。優しくしてくれる。嬉しい。
そんな快感を大人になって親ではなく他人に求めてくる。

しかし、私の店でそれが通用しないと知った途端、
「ビョーキじゃありませんっ(だから癒して♪)」と、
最初の発言とは真逆の翻し方をする。
『構ってもらいたい』自分の欲求を満たすためには、こんな浅はかな嘘も平気でつく。
傍から見てみっともないが、
こういう人は自分の目の前の欲求を満たすことが最優先事項だから、
恥とかそんなモノはかなぐり捨てる。


結局、彼女のケアは私が担当することにした。
先ず当方が予約の際にキチンと体調の確認を取らなかった事をお詫びして、
トリートメントにおけるリスクを再度よーく説明して、
万が一ケア中に体調に変化があった際には即中止するという条件付きで、
次回以降は医師に相談することをお願いして、
一筆書いて頂き引き受けることにした。
(はふぅ...苦笑)


リフレクソロジーのトリートメント中、彼女はずっと喋っていた。
何日も前から楽しみにしていたのだろう。
アロマもリフレも初めてだったといういうし。
そんな想いを理解して寄り添ってあげたいとは思うが。


まぁとりあえず、「何事もなく満足していただく」Mission Accomplished.
店としての課題は山積。
商売だから、お客様を呼び込むことが最重要だけど、「断るチカラ」も必要だな。




患者のお客様こそ癒しを求めているんだから、引き受けてあげればいいじゃない!というご意見もおありでしょうが、
これに関しては、また後日書こうと思います。


最後までお読み下さり、ありがとうございました♪

【2012/04/23 11:32】 | 日記
トラックバック(0) |
ご訪問ありがとうございます♪

3月も終わり。寒がりの私でもさすがに段々気温が上がってきているのが実感できます。
早く、もっと、暖かくなぁれ。

でも、花粉症の方にとっては、ツラい季節。
私は重度の花粉症ではないけれど、飛散量が多い日には、ちょっとだけ花がムズムズして不快です。
鼻や喉の不快感を少しでも和らげたい時に、ティートリーの精油の香りを部屋の中で焚いたりします。
スッキリ爽やかな香りです♪





精油名 ティートリー
学名 Malaleuca alternifolia
科名 フトモモ科
原産国 オーストラリア
採油方法と部位  水蒸気蒸留法 葉
香調 トップノート
成分 テルピネン-4-オル、γ-テルピネン、1.8-シネオール

スッキリとしたさわやかな香りが特徴。
古くから、オーストラリアの原住民・アボリジニ達は、この薬効に気づき傷薬として用いてきた。
主な作用は、以下の通り。
抗ウイルス作用
抗炎症作用
抗真菌作用
静脈強壮作用
神経強壮作用
鎮痛作用
免疫賦活作用

最近では、花粉症に良いとして、注目を集める。
アロマポットにティーツリーオイルを垂らして焚く、お湯に1~3滴垂らして湯気を吸入する、等
鼻の通りを良くし、尚且つ免疫力を高める。
スッキリとした香りが、気分的にもリフレッシュに役立つ。




アロマテラピーを学び始めた頃、
ティートリーとユーカリとローズマリーの
嗅ぎ分けが難しかったなぁ。
日本アロマテラピー協会(現:日本アロマ環境協会)の検定で、
精油の匂い嗅ぎ分けテストがあるんだけど、
これら3つの精油が同時に出されたら、絶対判んねぇよぉって恐れ戦いてた。
でも、実際に試験受けてみて、そんなイジワルな出題はなかったよ^^





【2012/03/30 00:43】 | Beauty&Health
トラックバック(0) |
ご訪問ありがとうございます。




デヴィッド・フィンチャー監督『ドラゴン・タトゥーの女』。

いやぁ、しんどかった。
R15指定で、ちょっとは覚悟してたけど、
かなりグロい、暴力や性の描写が多く、何回か席を立った。

北欧版「犬神家」かと思ったけど
この映画が教えてくれたこと。
聖書、ヨーロッパの歴史、ユダヤ、ナチス、北欧独特の男女関係 フェミニズムetcバックグラウンドについては色々と掘り下げて知るべきことが一杯。

ラストは、切ないものを感じた。あれだけ熱く燃え上がったかのように見えた仲なのに、結局元サヤかよ?って。
何をどう頑張っていいのか分からなくなった。
そう感じた私は、過酷な境遇を持つヒロインに希望を与えるようなラストを求めていたようだ。
シンデレラ姫みたいな?
それって、私の勝手なエゴだね。

結果はどうあれ、主人公たちの、目標設定をし、目の前の仕事に対する使命感とかアツイものを感じた。
その手段が合法とか非合法とか関係なしに、自らの信念と正義感で行動すること。
ドラマの中だとカッコいいね。
自分も、そんな信念持って仕事したいと、心のどこかで望んでいる...はず。
現実は、「寒~い、面倒臭~い」と言ってんだけど。
そんなモノも吹っ飛ばす位のパワーが欲しい。

自分用にメモ。
壁や地図にペタペタ貼って、ビジュアル化するマインドマップ的な情報整理術は、是非身に着けたいスキル。


追記
主人公は、サタン(ドラゴン)を打ち負かした大天使ミカエルと同じ名前。
そのミカエルが、サタンと交わり、サタンに救われる。
何の意図だろうか。

【2012/02/23 00:16】 | 日記
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。